千葉のデリヘルを利用する「はじめて」物語

千葉のデリヘルをはじめて体験する人からすれば失敗だったりこんなはずじゃなかったなんて事はありますよね

*

今でこそ人に語れるデリヘル初体験のドラマ

いくら歴戦のヘビーユーザーとはいえ、その誰もがドキマギし、おっかなびっくりと遊んだ経験があるはずです。そう、「デリヘル初体験」のお話。
なんとも甘美な印象ですが、当人、当時から思えば、めくるめく最高の体験だった人、苦渋に満ちた失敗体験だった人と複雑な気持ちになってしまうかもしれません。また、今では考えられないミスや勘違いなども生まれ、その恥ずかしさに照れるしかない、なんて方もいることでしょう。が、きっとそれらの多くは年を経て今となっては笑い話に変わっていることでしょう。
「思えばあの時は、まだまだ若かったなぁ」と、みなさんもこれを読んでその頃の甘い感傷に浸ってもらえればと思います。
デリヘルは、大人になってから、守るものができるとなかなか選べないハイリスク、ハイリターンな遊びであります。が、このバクチ的感覚もシビれる魅力だと話すユーザーは非常に多いようです。
その魅力は「不安」と「期待」という感情が入り混じったサービス開始前と「気持ちいい」や「楽しかった」もしくはまったくの逆で「散々だった」という感情がひしめく終了後、この強烈な感情たちが複雑に入り乱れる様にあるのだと考えます。一つの遊びでここまで高低差のある感情が入り乱れるのは「映画」や「漫画」「ドラマ」など、自分がそこに移入してゆくという疑似体験モノが多いのですが、デリヘルはそれを実体験として経験できるところにこそ、その醍醐味があります。だからこそ、他では得難いものであり、それゆえの中毒性ともいえるほどのめり込んでしまうのではないでしょうか。
元来「女々しい」という表現が男性専用の形容詞であるように、男は皆意外と女々しくその頃のことを覚えているものです。中には、はじめてのセックスよりも前にヘルスなどでこちらを体験した人間もいるので、こちらこそ「女体とのファーストコンタクト」ということでその強烈さをよく覚えているという方もいらしゃるでしょう。お店の人物紹介などではわからない「生の体験」を披露していきたいと思います。
新たなる歴戦の一幕を開けるなら全国の女性を相手にしてみたいと考えてしまうものですよね。旅先でも出張先でもいいのですが、その記念すべき初めてのお相手となる女の子は願わくば可愛い子がいいと思います。
多くの男の願望を叶えてくれるデリヘルに関する最新の情報を見ることができると、女の子選びにも違いが出てくるものです。しかも上物ばかりとなれば嬉々として毎日でも見てしまいたくなります。
まず、どんなデリヘルを利用するときでもどんな人であっても初めての道を通るものですが、その時に重要なのが会話。会社や日常生活、合コンなどでも初対面で会話がなんとなくうまくできずにギクシャクしてしまうことはよくありますがコツをつかんでいれば割とスムーズにトークを楽しめるものなのです。
例えば、初めてであれば相手に何か質問してみることは会話を続けるきっかけにもなります。相手がベテランのデリヘル嬢であれば女の子のほうからどんどんと会話を広げてくれたり、質問をしてきたりするはずです。しかし、そんなときにも何でもかんでも聞いていいかというとそうではなく、良い質問と悪い質問というものがあるものです。初対面で相手に話したくないようなことはたくさんあるはずです。特にぐっと踏み込んだクエスチョンは相手に不快感を与えることすらあります。どのような場面であってもそれは同じことで、相手が女の子であってもクライアントであっても上司にあたる人でも誰に対しても言えることです。中でもデリヘルで嫌われる「なぜこの仕事をしているのか」という完全にプライベートなことをいきなり聞くのは当然失礼にあたります。無難な質問のしかたは当たり障りない、今着ている服の話や髪型について話を切り出してみるのが良いと言えます。この時、プラスアルファとしてその服や髪型を「似合ってるね」や「いいね」などと褒めてから話してみるとより好印象になるはずです。
こうしたことが苦手な方であれば、比較的女の子に質問しやすいようなことを事前に考えておくというのも一つの手ですね。
デリヘル嬢に初対面でもいいやすいことといえば、やはりファッションに関してとヘアスタイル、いい匂いがするのなら香水を使っているかなんかを聞くのも良いのではないでしょうか。それから理想通りの女性が現れたのであればその感動を相手に伝えるということもかなり効果的です。褒められて悪い気がする人はなかなかいないですからね、大げさなくらいに「こんなに綺麗な子がくるとは思わなかった!!」とストレートに言ってしまってもOKです。そうなれば自ずと、いいと感じたパーツ(顔でも体でも)を褒めたり質問してみたりすることができます。ただし、いきなりの下ネタはNG。「理想通りの大きなおっぱい!!」とは思っても口に出すのは控えましょう。代わりに、「スタイルいいね、よくスカウトされたりするでしょ?」くらいにとどめておきましょう、初対面でセクハラまがいのセリフは避けるようにしたほうが無難と言えます。
次に、逆に質問された時や女の子から話しかけられた時、全てに対して「イエス」か「ノー」の二択で返事をしてしまうと会話も終了してしまいます。例えば女の子が今日の天気や気温の話をしたとします。「今日暑いですね」これに相槌を打ちながら「そうだね」、と返すだけではここで終わってしまうもの。そんなときには逆に質問を引っ付けて返すくらいの勢いが必要です。
「確かに暑いね、汗かいてない?」や「クーラーの温度下げようか?」など『暑い』に対して関連する事柄をどんどん引き出していくことがポイントです。こちらからもデリヘル嬢に対して尋ねるような形で会話を返すことができればまた返事が返ってくる、とうまくラリーが続くものです。おそらくこの場合であれば女の子も「汗やばい!!シャワーの温度低めでもいいですか?」とか「お部屋の温度はちょうどいいですよ、シャワーから上がった時に寒くならないくらいがいいですよね!」などうまく返してくれるはずです。お互いを知る上でもかなり重要なファーストコンタクトからの会話ですから、大切にしてみてください。
また、男性がよくやりがちな経験値や持っている知識をひけらかすような自慢話。相手との会話は知識の見せ合いっこではないので、自分が学歴が高いことや社会的地位の高さがあるということはこの際置いておいて、まずは相手とのキャッチボールをうまくこなせることが重要になってきます。
先ほどの「暑い」の流れを利用するならば、「今年のこの猛暑は例年更新されいて、観測至上初と言われているんだけど、過去のデータは…」なんてくどくどと話をされても女の子は頭の上にクエスチョンマークを浮かべてポカーンとした表情を見せてくれるでしょう。「私何しに来たんだっけ!?」とならないよう、会話を続けることと自分の話がしたいという一方通行なのとはワケが違いますからね。その点は注意が必要だと言えるでしょう。逆に女の子が一生懸命話してくれる時には、たとえ知っていることでも知らないフリをして聞いてあげるというのはアリ。「へーそうなんだ!よく知ってるね」などここでも褒める言葉を使うと女の子も気分良くサービスしてくれるはずです。
女の子との初めての会話がスムーズに運ぶと、そのあともシャワーやプレイでも驚くほど効果的に機能してくるはずです。デリヘルでのコミュニケーションの大切さとプレイやサービスの向上が比例してくるというのは、利用する回数が多くなればなるほどご理解頂けるかと思いますよ。
ぜひ楽しいひと時を過ごすために、自分から効果的な会話を繰り広げられるようなコミュニケーションを考えてみてください。

公開日:
最終更新日:2016/07/29