すべてのユーザーが必ず通る道、デリヘル「はじめて」物語

誰にでもある「初体験」では今でこそデリヘルヘビーユーザーな玄人では考えられない勘違いやミスを乗り越えてこそハマるほどの快感があるものです

*

今でこそ人に語れるデリヘル初体験のドラマ

いくら歴戦のヘビーユーザーとはいえ、その誰もがドキマギし、おっかなびっくりと遊んだ経験があるはずです。そう、「デリヘル初体験」のお話。
なんとも甘美な印象ですが、当人、当時から思えば、めくるめく最高の体験だった人、苦渋に満ちた失敗体験だった人と複雑な気持ちになってしまうかもしれません。また、今では考えられないミスや勘違いなども生まれ、その恥ずかしさに照れるしかない、なんて方もいることでしょう。が、きっとそれらの多くは年を経て笑い話に変わっていることでしょう。「思えばあの時は、まだまだ若かったなぁ」と、みなさんもこれを読んでその頃の甘い感傷に浸ってもらえればと思います。デリヘルは、大人になってから、守るものができるとなかなか選べないハイリスク、ハイリターンな遊びであります。が、このバクチ感もシビれる魅力だと話すユーザーは多いようです。その魅力は「不安」と「期待」という感情が入り混じったサービス開始前と「気持ちいい・楽しかった」もしくは「散々だった」という感情がひしめく終了後、この強烈な感情たちが複雑に入り乱れる様にあるのだと考えます。一つの遊びでここまで高低差のある感情が入り乱れるのは「映画」や「漫画」「ドラマ」など、自分がそこに移入してゆくという疑似体験モノが多いのですが、デリヘルはそれを実体験として経験できるところにこそ、その醍醐味があります。だからこそ、他では得難いものであり、それゆえの中毒性なのでないでしょうか。元来「女々しい」という表現が男性専用の形容詞であるように、男は皆意外と女々しくその頃のことを覚えているものです。中には、はじめてのセックスよりも前にこちらを体験した人間もいるので、こちらこそ「女体とのファーストコンタクト」ということでその強烈さをよく覚えているという方もいらしゃるでしょう。お店の人物紹介などではわからない「生の体験」を披露していきますのでご期待くださいませ。
新たなる歴戦の一幕を開けるならデリヘル情報 デリノートが激アツです。

公開日:
最終更新日:2016/03/23